今すぐお金を借りるなら消費者金融

 急にお金が必要になり、今すぐに工面しないといけなくなったときは、審査の早い消費者金融のキャッシングを利用するといいでしょう。今すぐ即日融資が可能なところもあります。

銀行でも即日融資を宣伝しているところがありますが、銀行は石橋を叩いて渡る商売なので審査が厳しいです。何日もかかることがあります。土日祝日はしっかり休むので話になりません。金利は安いですが、さんざん待たされたあげく審査不合格になることもあるので、急ぎの時にはあまり頼りになりません。

それに比べて、消費者金融は審査は比較的厳しくないのですぐに結果が出るし、営業時間は遅くまでやっているし、土日祝日も開店しています。金利は高いですが、急ぎのお金が入用で、贅沢も言ってられない場合にはありがたい存在です。

今はパソコンやスマホは殆どの人が持っているので、スマホなどからインターネットで申し込みができます。審査に通ったら、自動契約機や店頭で手続きをすれば、即日または翌日のうちに借り入れすることができます。今すぐお金を借りたい人はこの方法がおすすめ。

パソコンやスマホがなければ、自動契約機で申し込みするといいです。審査も自動契約機を通して受けます。審査に通れば、すぐにカードを発行してくれます。そのカードを使って、ATMで借り入れできます。店頭まで行かなくてもできるので、消費者金融の店に入るのに気が引ける人も借りやすいです。二度手間にならないよう、必要書類は前もってよく調べて、忘れずに持参するようにします。

消費者金融のキャッシングは急ぎの時には大変助かりますが、金利が高いのが難点です。返済のときに苦しまないよう、借入額は必要最小限にするのが原則です。今すぐお金を借りる必要がある方はご利用してみてはいかがでしょうか? 融資も即日行ってくれますしね。

今すぐお金を借りる⇒

お金を借りる方法 迷った時の選び方ガイド

日常生活の中で、出費はつねに必要になるものです。生活費や食費、交際費、子供がいるなら子供の教育費のように毎月必ず出て行く費用もあるし、旅行やリクリエーションの費用、冠婚葬祭費、たまのちょっとした贅沢品などの臨時にかかる費用など、お金はいつの間にか、羽が生えたように飛んでいってしまうものです。

飛んでいったお金の残りを見つめて、これじゃあ今月のやり繰りがどうしても出来ないとわかったら、お金を借りて一時をしのぐことも考えてもいいでしょう。返済は毎月の給料できちんとすれば、ほんのわずかの間借りるだけだから、よく聞く借金地獄で苦しむこともないでしょう。

世の中でお金を貸してくれるところは色々あります。まず身近なところで思いつくのは、親兄弟や友人知人です。この場合、金持ちですぐ貸してくれるような気前のいい人がいればいいのですが、金持ちは往々にしてお金に厳しいので、いい顔をしてくれません。たとえ土下座をするようにして借りたとしても、お互いに気まずくなって疎遠になったり、もしも返済が滞ったりすると、人間関係がますます悪化します。身近の人から借りるのは、たとえ利息を取られないにしても、よっぽどのことがない限り避けた方がいいでしょう。

お金を借りるときは、やはり商売でやっているところからお金を借りるのが一番です。商売なので、人間関係のしがらみは一切なく、淡々とお金を借りることができます。商売でお金を貸してくれるところは、以下のように、探せば沢山あります。

1.政府系金融機関
2.労働金庫
3.銀行
4.消費者金融
5.信販会社
6.保険会社
7.質屋
担保が必要な場合もあるし、無担保で安心して急いでお金を借りることができる金融機関なども沢山あります。今の時代スマホで今すぐお金を借りる申込もできます。それぞれ長所短所があるので、詳しく見て行きましょう。

政府系金融機関でお金を借りる

働いている個人向けには日本政策金融公庫と住宅金融支援機構があり、前者は教育ローンと恩給・共済年金担保融資、後者は住宅ローンを借りることができます。

教育ローンは無担保ですが所得制限があるので、高額所得者は借りることができません。政府系なので教育ローンの金利は金融機関の中で一番低いですが、審査は厳しくて時間がかかります。住宅ローンは民間金融機関と提携して融資するので、民間金融機関が窓口になります。

年金受給者は福祉医療機構で年金担保融資が受けられます。金利は安く使い途は自由ですが、年金が担保となります。

労働金庫(ろうきん)で借りる

労働組合や生協などが作った協同組織の金融機関です。労組や生協などの組合員が借りることができます。フリーローンという形で無担保の融資をしています。金利は銀行と同程度です。

労働金庫のいいところは、利用限度額が数百万円と高く、金利も低いところです。組合員向けなので審査は銀行よりも少しは緩いですが、厳しいことに変わりはありません。支店の少ないのも難点です。

銀行で借りる

カードローンという形ですぐにお金を借りる、個人に対する無担保の融資を積極的におこなっています。その銀行の預金口座は持っていなくても申込みできますが、契約時に返済用の口座開設を要求する銀行もあります。銀行のいいところは、利用限度額が数百万円と高く、金利も低いところです。その代わり、審査はかなり厳しくて、時間がかかります。「即日融資」という宣伝をよくやっていますが、よく見ると「原則」という但し書きがあるので、ただの宣伝文句と思った方がいいでしょう。

見落としがちですが、信用金庫でも個人に対する無担保ローンをおこなっています。近くに信金があれば、インターネットや店頭のチラシで情報を集めてみるといいでしょう。それと農業従事者以外には馴染みがありませんが、農協のJAバンクでも無担保ローンをおこなっています。

消費者金融から今すぐお金を借りる

いわゆるキャッシングという形で、個人に対する無担保の融資をしています。審査は銀行ほど厳しくありません。その代わり、利用限度額は10〜50万円と少なく、金利は20%近くと、かなり高いです。この金利の高いのが、消費者金融の唯一の難点です。ただし顧客サービスの良さは銀行と大違いで、休日営業や夜間営業もやっています。

保険会社からお金を借りる

保険会社(かんぽ生命など)の契約者貸付けです。保険契約者を対象に、解約返戻金を担保に貸してくれます。金利はかなり安いです。審査はないので、即日で今すぐにお金を借りる為の融資を受けることができます。積立式の保険が対象なので、掛け捨て式の保険の場合には借り入れできません。

信販会社で今すぐキャッシング

クレジットカードを持っている人に限りますが、キャッシング枠がついていれば、カード会社(信販会社)か無担保で融資をしてくれます。今すぐお金を借りることができます。審査はクレジットカード入会のときに受けているので、キャッシングするときには別に審査はありません。クレジットカードを使って、ATMで即日で融資を受けることができます。

利用限度額は普通50万円程度で、金利は消費者金融と同程度に高いのが難点です。

質屋から今すぐお金を借りる

担保として質草が必要です。金利がかなり高いのが難点で、年利換算で100%程度まで法律で認められています。この短所はありますが、身分証明書と質草だけで貸してくれます。お金の借り入れの審査があるところでは、職業無職では落ちますが、ここは職業は詮索されないので、無職でも貸してくれます。無職になったときの最後の手段として覚えておくといいでしょう。

以上から自分の状況に一番合った借り方が見つかって今すぐお金を借りたとしても、借金は借りて終わりではなく、そのあとは返済が待っています。

借金を返済するときは、元金だけでなく利息もつけて返済しないといけません。借り入れ額が多いと、長期にわたって返済が続くので、その間は生活が厳しくなります。返済のために生活が圧迫されるようになっては本末転倒です。また最終的に返済ができないような事態になると、生活の破壊にもつながります。必ず返済できる範囲内で、きちんと返済計画を立てて借りることです。

メニュー